NYで「窓」に着目、活動50年 日本人芸術家が個展開催

5/16 14:59
 個展が開かれるギャラリーでバーの窓の写真について語る郷津雅夫さん(右)=14日、米ニューヨーク・ブルックリン(共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークで50年近くにわたり建物の窓にこだわり、写真や立体芸術を生み続けた日本人芸術家、郷津雅夫さん(74)の個展「ニューヨークへの窓」が15日、ブルックリンのギャラリーで始まった。8月2日まで。

 「窓は私のステージ」と語る郷津さん。1971年2月、芸術を学ぶためニューヨークに移り住んだ。「アパートを出ると高齢の女性たちが何もしないで窓から外を見ていた。それを100ドル(当時のレートで3万円前後)のカメラで撮影し始めた」。窓に着目したのは「臆病だから。窓越しなら相手とも距離を置いて撮影できる」と笑う。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 個展が開かれるギャラリーでバーの窓の写真について語る郷津雅夫さん(右)=14日、米ニューヨーク・ブルックリン(共同)
 米ニューヨーク・ブルックリンで1983年に撮影した郷津雅夫さんの作品(本人提供・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]