聖徳太子1400年忌法会 大阪・太子町の寺で始まる

4/10 14:59
 大阪府太子町の叡福寺で行われた「1400年御遠忌大法会」=10日午前

 聖徳太子を祭る廟がある大阪府太子町の叡福寺で「1400年御遠忌大法会」が、10日から始まった。5月11日まで関連行事が営まれる。

 近藤本龍住職は初日の法要で、仏教の興隆とともに「十七条憲法」や「冠位十二階」を制定した太子の功績をたたえるとともに、新型コロナウイルスの感染拡大が収まるよう願った。雅楽師の東儀秀樹さんは演奏を奉納した。参拝した大阪府富田林市の50代女性は「厳かですね」と話した。

 大法会の期間中、京都の知恩院や奈良の法隆寺、和歌山の金剛峯寺などから僧が赴き、法要を営む。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大阪府太子町の叡福寺で行われた「1400年御遠忌大法会」=10日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]