『新感染半島 ファイナル・ステージ』カー・アクションが痛快な終末もの 

12/22 07:03
(C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

 2017年に日本でも大ヒットした韓国のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編だ。舞台は4年後。家族を失い、亡命先の香港で失意の日々を送る元軍人が、完全封鎖された朝鮮半島から大金を持ち帰るという過酷なミッションに挑む。前作で世界的な脚光を浴びた、アニメーション出身のヨン・サンホが今回も監督を務めている。

 だが、例えば反射や影などを利用して露骨には見せない抑制の利いた演出や詩情を生む繊細な表現は消え失せ、内容的にも感動の押し売りが目立つ。続編が陥る罠にズッポリとハマってしまっている。それでも別モノと考えれば、十分に楽しめる仕上がりだ。前作の舞台はノンストップで走る列車で、ゾンビとは相性がいい閉ざされた空間だったが、今回はゾンビだらけの半島全体。アフター・パンデミックというよりポスト・アポカリプス=終末もので、もはやゾンビ映画の要素は後方に追いやられ、『マッドマックス』の世界なのだ。

 そうなってくると生きるのが、韓国映画が持つ“カー・アクション”の高いスキル。そこだけ見れば、日本映画など比べるべくもなく、本家『〜怒りのデス・ロード』に比肩する痛快さである。終末感もハンパなく、どうやって創り上げたの? バジェットは? と衝撃を覚えるレベル。前作とは違う意味でノンストップ! 凄まじ過ぎて画面から片時も目が離せない。★★★★☆(外山真也)

監督:ヨン・サンホ

出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン

1月1日(金)から全国公開

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

(C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]

おすすめニュース

[PR]