義援金の累計、1億5485万6915円に 山新放送愛の事業団

2024/04/03 08:55

 能登半島地震被災地の復旧や住民支援に役立ててもらうため、山形新聞社と山形放送、公益財団法人山新放送愛の事業団が受け付けている義援金は2日、新たに6件、120万5181円が寄せられた。累計は1389件、1億5485万6915円となった。

北郡信用組合村山が100万円

 北郡信用組合(村山市)は100万円を寄託した。1月10日から3月29日まで取り扱った復興支援定期預金の預入総額約20億円の0.03%に組合と職員の善意を加えた。今田正志理事長、中村政彦常務理事、木村隆行常勤理事が山形市の山形メディアタワーを訪れ、事業団理事長の寒河江浩二山形新聞会長・主筆(山形新聞グループ経営会議議長)に目録を手渡した。今田理事長は「預金申し込みも想定以上だった。支援に役立ててほしい」と話した。

 【2日に寄託した団体・個人】(午後5時現在、敬称略)

 ▽団体=升形上一、下一、上二、下二、三、四、五各町内会(新庄)白鷹町元気ニコニコ推進会(白鷹)東根市農業協同組合職員組合(東根)北郡信用組合(村山)

 ▽個人=匿名(山形)匿名(白鷹)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

(左から)今田正志理事長、中村政彦常務理事、木村隆行常勤理事=山形市・山形メディアタワー(左から)今田正志理事長、中村政彦常務理事、木村隆行常勤理事=山形市・山形メディアタワー
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]

県内ニュース一覧(新着)

[PR]