義援金、累計1億3375万円に 山新放送愛の事業団

2024/03/02 10:44

 能登半島地震の被災地の復旧や住民への支援に役立ててもらうため山形新聞社と山形放送、公益財団法人山新放送愛の事業団が受け付けている義援金は1日、新たに13件、199万3429円が寄せられた。累計は1201件、1億3375万6368円となった。

米沢・八千代田精密が41万円

 航空機器部品加工の八千代田精密(米沢市)は41万円を寄託した。樋口伸明社長(54)、従業員代表の我妻真希(なおき)さん(26)が同市の山新放送置賜総支社を訪れ、「大変な状況が続いており、人ごととは思えない。一刻も早い復旧に役立ててもらいたい」と述べた。

アサヒニイズマと社員一同、計15万円・鶴岡

 航空機の部品などを手がけるアサヒニイズマ(鶴岡市、新妻知幸社長)と社員一同はそれぞれ4万8500円、10万1500円を寄託した。渡部厳常務が山形新聞鶴岡支社を訪れ、「被災者が日常を取り戻すため少しでも力になりたい」と話した。

西川・金子製作所が10万円

 石英ガラスの加工を手がける金子製作所(西川町)は10万円を寄託した。従業員旅行用の積立金を善意に充てた。金子正美代表が山形新聞寒河江支社を訪れ、「同業者の多くも被災している。少しでも早い復旧の一助になりたい」と話した。

村山の60代夫妻、10万円

 村山市の60代夫妻は10万円を寄託した。山形新聞村山支社を訪れ、「能登半島には新婚旅行で訪れた際にお世話になった人がいる。被災した方々のために役立ててほしい」と話した。

酒田・東部中、7万3051円寄せる

 酒田市の東部中は7万3051円を寄託した。生徒会執行部が1月29日から2月2日の登校時間で、生徒らに協力を呼びかけた。佐藤未悠教諭が同市の山新放送庄内会館を訪れ「生徒は募金だけでなく被災地のことに関心を寄せ、学校一丸となって善意を集めていた。被災地の支えになってほしい」と話した。

鶴岡・温海中生徒会、3万1553円を寄託

 鶴岡市の温海中生徒会は3万1553円を寄託した。同会執行部が募金箱を手作りし、2月22日から3月1日まで昇降口で呼びかけた。3年本間瑠唯さん(15)2年粕谷青真(はるま)さん(14)の現新生徒会長は「被災者が一日でも早く元の生活に戻れるようになれば」「受験勉強にも影響があり、大変だと思うが頑張ってほしい」などと話した。

 【1日に寄託した団体・個人】(午後5時現在、敬称略)

 ▽団体=酒田東部中、鳥海小児童会(以上酒田)温海中生徒会、アサヒニイズマ社員一同(以上鶴岡)八千代田精密従業員一同(米沢)建設コンサルタント会社と親睦会一同(東根)金子製作所(西川)

 ▽個人=那須英果、匿名(以上山形)瀬尾治(鶴岡)匿名(村山)鈴木芳昭(天童)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

樋口伸明社長(左)と我妻真希さん=米沢市・山新放送置賜総支社樋口伸明社長(左)と我妻真希さん=米沢市・山新放送置賜総支社
渡部厳常務=山形新聞鶴岡支社渡部厳常務=山形新聞鶴岡支社
金子正美代表=山形新聞寒河江支社金子正美代表=山形新聞寒河江支社
酒田市東部中の佐藤未悠教諭=酒田市・山新放送庄内会館酒田市東部中の佐藤未悠教諭=酒田市・山新放送庄内会館
(左から)本間瑠唯さん、粕谷青真さん=鶴岡市・温海中(左から)本間瑠唯さん、粕谷青真さん=鶴岡市・温海中
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]

県内ニュース一覧(新着)

[PR]