魅力伝える商品や企画、町執行部に提案 真室川中の学習発表会

2023/11/25 09:22
政策提案する生徒=真室川町役場

 真室川町真室川中(小野寺淳校長)の「ふるさと学習発表会」が24日、町役場で開かれ、3年生56人が地元の魅力を伝える商品や企画を町執行部に提案した。

 生徒たちは愛郷心を育てるための「ふるさと学習」に取り組んでいる。2年生からそれぞれ興味のあるテーマを決め、5人ほどの11班で発表に向けて準備を進めてきた。町に伝わる最上伝承野菜「甚五右ヱ門(じんごえもん)芋」を使ったチップスなどを提案。パッケージ案や試作品を披露すると「面白い」「素晴らしい」などの声が上がった。

 町産の漆を使ったスマホケースを提案した栗田幸希さん(15)は「良いものなのに、あまり知られていない漆塗りを通して町の魅力を伝えたい」と意気込んでいた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]