庄内-羽田線の5便態勢、10月以降も 来年3月30日まで

2023/8/23 07:28

[PR]
 全日本空輸(ANA)は22日、庄内空港発着の羽田便を10月29日から来年3月30日まで、1日5往復運航すると発表した。庄内―羽田線は今年3月26日~5月31日と10月1~28日の期間限定で、1往復増やした5往復化が既に決まっていた。5月の搭乗客数が約3年半ぶりに3万人を超えるなど好調に推移していることから、5便態勢が延長される。

 全日空庄内支店によると、増便期間中の5月の搭乗者数は3万4549人で、搭乗率は71.1%だった。庄内空港利用振興協議会(会長・丸山至酒田市長)が取り組む利用者拡大振興策の効果が高かったという。

 増便となるのは、羽田発午後0時40分(庄内着同1時40分)の1071便と、庄内発午後2時15分(羽田着同3時20分)の1072便。座席数が146人、166人、194人の機材を需要に応じて使い分ける計画。

 同協議会の丸山会長は「お客さまの利便性向上と地域産業へ波及効果をもたらすものと期待をしている。各種キャンペーンなど利用拡大に向けた活動を集中的に行いたい。通年5往復化や運航拡充に引き続き取り組む」との談話を発表した。

 10月29日からの増便を含むダイヤは、羽田発が午前7時、同10時25分、午後0時40分、同3時55分、同8時15分。庄内発が午前7時10分、同8時40分、午後0時10分、同2時15分、同5時45分。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]