色とりどりニットで一般質問 山辺町議会

2022/12/7 20:24
安達春彦山辺町長(右)らがニットを着用して議会に臨んだ

 山辺町を代表するニット産業のPRを目的に、「ニット議会」と銘打った町議会12月定例会が7日、開会し、町議と町幹部職員が色とりどりのニットを着て一般質問を行った。

 町では12月10日を「いつでもニットの日」と定めており、この時期の恒例行事となったニット議会。議員を経て10月の町長選で初当選した安達春彦町長にとっては、町長としては初舞台となり、心機一転ニットのジャケットやネクタイを着て臨んだ。

 傍聴席には多くの町民が訪れて一般質問を見守った。ニットを着用して身も心も温かく、熱い論戦が展開された一方、短時間で質問を終える議員も。傍聴者からは「今後も中身の濃い議論を」と期待の声。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]