「10年後の自分」考える 谷地高でキャリアサポート茶話会

2022/12/7 11:39
「10年後の自分」をテーマに生徒が会員らと話し合ったキャリアサポート茶話会=河北町・谷地高

 国際ソロプチミスト寒河江(高田テル子会長)による高校生のキャリアサポート茶話会(さわかい)が6日、河北町の谷地高(堀米和志校長)で開かれ、生徒が将来について考えた。

 約50人が参加した。月山トラヤワイナリー(西川町)工場長の大泉奈緒子さん(48)が、好きなことに取り組む大切さなどについて基調講演したほか、「10年後の自分」をテーマに会員らと話し合った。

 「好きな人と結婚し、音楽活動に取り組む」「役場に勤め、町おこしをしたい」。生徒の発表に温かい拍手が送られた。2年光位湊(こういみなと)さん(17)は「不安に感じることも、深く調べると自信に変わることを学んだ」と刺激になった様子だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]