「やまがたAI部」などにDX大賞 東北経産局、仙台で表彰式

2022/11/30 21:35
表彰を受け記念写真に納まる松本晋一会長(左)と山形西高生=仙台市・仙台国際センター

 東北経済産業局主催の「TOHOKU DX大賞2022」の表彰式が30日、仙台市の仙台国際センターで行われた。最優秀賞の「やまがたAI部運営コンソーシアム」(山形市)をはじめ、DX(デジタルトランスフォーメーション)に挑戦する本県の4社・団体を含む12社・団体の受賞をたたえた。

 やまがたAI部は県内65企業が加盟し、プログラミング講座などを通じ高校生にAIを学ぶ機会を提供している。式には松本晋一会長、山形西高AI部の平田なつ埜さんと中家由貴さん(ともに2年)が出席。部活で取り組む高校は県内21校のほか東京、大分にも広がっているといい、松本会長は「デジタルの世界では学校を出たばかりの新入社員が即戦力。高校生へのDX教育は社会変革につながる」と語った。

 また、チャンピオン(酒田市)、三井屋工業東北事業部(米沢市)、上和電機(高畠町)にそれぞれ優秀賞が贈られた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]