国産牛ステーキ、上品に味わう 舟形中「めがみちゃん給食」

2022/11/30 07:57
ナイフとフォークでステーキを味わう生徒=舟形町・舟形中

 舟形町舟形中(横田政美校長、119人)で29日、町出身シェフ考案の「めがみちゃん給食」が行われた。生徒たちはナイフとフォークを使い、国産牛ステーキなどのメニューを上品に味わった。

 町が進める「日本一のおいしい給食食育推進事業」の一環で、新庄市金沢のカフェ「ラ・スーピエール」店主の冨樫勝也さん(60)がメニューを考えた。メインのステーキは150グラムで、町産マッシュルームをソースに使用。ほかに地元産のアスパラガスとジャガイモ入りのスープなど計5品が並んだ。

 「こんなにおいしいステーキが給食に出たことを、大人になったらいろんな人に自慢したい」と3年の長沼茶夏(ちゃな)さん(15)。おなかも思い出も満たされた様子だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]