聖夜の雰囲気演出 山形・霞城セントラル、イルミネーション点灯

2022/11/23 21:42
空中に浮かぶツリーや多彩なバルーンでクリスマスの雰囲気を演出するイルミネーション=山形市・霞城セントラル

 山形市の霞城セントラル1階アトリウムで23日、クリスマスイルミネーションの点灯が始まった。シャンパンゴールド色の発光ダイオード(LED)約1万8千個が会場を柔らかく照らし、聖夜の雰囲気を演出している。

 白や金銀、水色を基調としたエレガントな飾り付けで、LEDは昨年より6千個増やした。頭上には高さ約7メートルのツリーが輝き、バルーンや造花で装飾したフォトスポットも設置した。

 この日はカウントダウンに続き、同市上町1丁目の山本日菜ちゃん(2)が点灯スイッチを押した。会場全体が光に包まれると、訪れた人たちから拍手が湧き起こった。

 霞城セントラル管理組合が毎年企画。来月25日までの午前9時~午後10時に点灯する。12月22~25日は、フォトスポットにデジタルアートを投影。イルミネーションは24階展望ロビーでも来年2月19日までの午後4時~同11時に楽しめる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]