食パンの無人販売機が登場 山形・ダンズベーカリー

2022/11/23 10:05
「ダンズベーカリー」に設置されたパンの無人販売機=山形市南館2丁目

 多くの人にパンを楽しんでもらおうと、山形市の食パン専門店が今月、無人販売機を設置した。店舗営業時間外に稼働し、SDGs(持続可能な開発目標)を視野にフードロス対策にもつなげる。

午後5時から翌午前9時

 無人販売機「from17:00(フロムゴジ)」を導入したのは、同市南館2丁目の「ダンズベーカリー」。県産牛乳を使った食パンが売りの店だ。店舗営業時間は午前10時~午後5時までだが、仕事帰りや朝などにも購入できる手段として設置した。販売機の稼働は午後5時から翌日の午前9時までで、24時間以内に焼いたパンが買える。

 販売機は入り口を入った店舗内にある。金沢大店長(29)は新型コロナウイルスなど感染症対策として、非接触型であることも利点として挙げる。「山形みるく生食パン」(1斤650円)など店舗で販売しているものと同じ食パン4種類ほどを買うことができる。金沢店長は「仕事帰りの夕方や、朝の早い時間に買っていく人がいるようだ。需要があると感じている」と話している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]