山形大生を応援しよう クリック数で協賛金分配

2022/11/22 09:23
山形大小白川キャンパス(資料写真)

 山形大生を支援するオンラインのチャリティーイベント「Giving Campaign 2022」が開催されている。新型コロナウイルス禍で活動を制限された学生団体への応援や、卒業生や地域社会が教育機関を支える仕組みの構築を目指している。

 約20の国立大学によるイベントで、東北では他に弘前大や東北大、岩手大が参加。全国の企業から募った協賛金が各大学の基金や学生団体に分配される。山形大は19~27日の日程で開催している。

 特設サイト上で応援したい学生団体(サークル、部活など)を選び、名前やメールアドレスなどを記入して送信することで参加できる。この「応援クリック」の数で各団体への分配額が決まる。メッセージを添えることや、実際に寄付をすることもできる。

 同大では期間中、校友会交流プラットフォーム上で「Home Coming Week 2022」と題したイベントも開催している。大学のさまざまな情報を発信し、20~30代の卒業生とのつながりを進める狙い。

【関連リンク】

チャリティーイベントのサイト

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]