U16女子三段跳び・菅野、優勝報告 天童市役所を訪問

2022/11/22 09:10
優勝報告のため天童市役所を訪問した菅野穂乃(天童二中3年)

 松山市のニンジニアスタジアムで開かれた陸上のJOCジュニアオリンピックカップU18・U16大会(10月21~23日)のU16女子三段跳びを制した菅野穂乃(天童二中3年)が21日、天童市役所を訪れ、山本信治市長に成績を報告した。

 菅野は走り幅跳びで2021、22年の東北大会を連覇。三段跳び出場は県選考会を含め2試合目だったが、12メートル27の大会新記録で優勝をつかんだ。これまでの中学最高記録も24センチ上回った。「松山は山形に比べて温かく、体が動いた。コンディションも良かった」と勝因を口にした。

 走り高跳びや100メートル障害も得意とし、マルチな才能を持つ菅野。「高校では跳躍を中心にいろいろな種目をやってみたい。七種競技にも挑戦したい」と抱負を語った。山本市長は「高校進学後も楽しみにしている。ぜひ頑張ってほしい」とエールを送った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]