インボイス制度、県の説明会始まる 寒河江、三川皮切りに

2022/11/22 07:49
インボイス制度の概要について理解を深めた説明会=寒河江市・県村山総合支庁西村山地域振興局

 来年10月に始まる消費税のインボイス制度(適格請求書等保存方式)について、県の説明会が21日、寒河江市と三川町の会場を皮切りに始まった。個人事業主などが税務署職員から説明を受け、制度の概要に関する理解を深めた。

 寒河江市会場は県村山総合支庁西村山地域振興局で開かれ、事業者やJA、商工会の担当者など約20人が参加した。山形税務署個人課税第一部門の加藤将大記帳指導推進官が講師を務め、免税事業者のぬいぐるみ製造業者を例に、インボイス発行事業者として登録を受けた場合の取引の流れなどを紹介。「登録の判断は、事業者の任意となっている。売り上げ先からインボイスの交付を求められるかどうか確認し、検討してほしい」と呼び掛けた。

 同制度の開始に合わせた発行事業者の登録申請手続きは、原則として来年3月末までに行わなければならず、県は12月21日まで県内7カ所で説明会を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]