鶴岡観光でミニ御殿まり 酒井家入部記念、ガイド利用者に贈る

2022/10/7 09:58
酒井家庄内入部400年を記念して制作したミニ御殿まり

 旧庄内藩主酒井家庄内入部400年を記念し、鶴岡市観光ガイド協議会(花岡琢也会長)は、赤、黒、金の3色であしらったミニ御殿まりを作った。同協議会の観光ガイドを利用した観光客に、おもてなし品としてプレゼントしている。

 御殿まりは飾り用のまりで、350年の歴史を持つ鶴岡市の伝統工芸品。節目の年に来てくれた観光客に記念品を贈ろうと、同市本町の上野御殿まり教室に依頼し、直径2.5センチほどの大きさを約200個用意した。糸は400年事業公式ロゴマークの3色を使用している。

 市外からの観光客が対象で、11月30日まで配布し、なくなり次第終了する。受け取った人たちからは「酒井家を知る機会になった。もらえてうれしい」「記念品なので大切にしたい」などの喜びの声が聞かれるという。花岡会長は「鶴岡を訪れた人が酒井家に興味を持つきっかけとなり、再び訪れてもらえたらうれしい」と期待を語っている。

 同協議会はボランティア会員13人で構成するガイド団体。鶴岡公園周辺の観光施設や藤沢周平ゆかりの地を案内している。料金はガイド1人につき千円で、申し込み・問い合わせは同協議会事務局0235(24)7779。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]