年賀はがき、搬入開始 山形南郵便局、来月1日から販売

2022/10/5 21:49
年賀はがきが入った段ボール箱を次々と運び込んだ=山形市・山形南郵便局

 11月1日から全国販売される2023年用年賀はがきの搬入作業が5日、山形市の山形南郵便局を皮切りに始まった。約245万枚が運び込まれ、職員が仕分け作業に当たった。

 段ボール箱計614箱が局内に運ばれ、山形と南陽、山辺、中山の4市町20郵便局向けに振り分けられた。山形南郵便局窓口営業部の須藤智徳課長は「新型コロナウイルスの影響で、会えない家族や友人がいるかもしれない。この機会に年賀はがきを利用し、はがきの良さを実感してほしい」と話した。

 全国の当初発行枚数は約16億4千万枚(昨年は18億3千万枚)。森林保全につながる認証紙で製造し、ディズニーや無地など6種類が用意された。お年玉賞品は、現金30万円や電子マネーギフト31万円分など。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]