「サイダス」酒田に来春オフィス開設 地元採用、東京並み給与

2022/10/5 12:20
サイダスの松田晋社長(右から3人目)と同社のスタッフら=酒田市役所(撮影時のみマスクを外す)

 酒田市と人事クラウドサービス開発などの「サイダス」(東京都、松田晋社長)は4日、同社が来年4月、同市千石町1丁目に酒田オフィスを開設すると発表した。顧客のサポートやIT(情報技術)人材教育の拠点とし、開設時は5人程度を現地で採用予定。順次増員する。

 サイダスは、インターネット経由で利用できるソフトウエア「サイダスピープル」を開発、運営している。サイダスピープルは、サブスクリプション(定額制)サービスで、組織の人事配置・評価、総務の分野で活用でき、経歴や経験部署・業務、スキル、希望などを加味し、総合的に判断して適正配置を提案する。

 入社から退職まで給与や休日、結婚など人生上の出来事も記録し、個人の事情や能力、適性などに配慮した人事管理ができる。航空、金融、食品などの大手企業や自治体など公的機関も導入している。

 記者会見で松田社長は、酒田市がDX(デジタルトランスフォーメーション)に積極的で、東京から空路で1時間程度とアクセスも良く、「日本一女性が働きやすいまち宣言」をしていることを拠点開設の理由に挙げた。「東京と同水準の給与で雇用も創出する。酒田や山形県のみなさんと、一緒に事業を進めていきたい」と松田社長。丸山至市長は「大変ありがたい。地域に仕事をつくり、地元に人材が残るようにしたい」と話した。

◇サイダス 2011年に設立し、沖縄、京都にもオフィスを構え、ベトナムにもスタッフを配置。酒田は国内4拠点目。社員数約300人。サイダスピープルの開発・販売の他、コンサルティングも行う。資本金2億9千万円。社名は「才能を引き出す」から命名した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]