キャンバス、色とりどり 東根・犬と触れ合い大きな絵描く

2022/10/3 11:08
大きなキャンバスに自由に絵を描く参加者=東根市・まなびあテラス

 日本画家の山口裕子さん(朝日町)を講師に招いた屋外ワークショップが2日、東根市のまなびあテラスで行われた。子どもたちが犬と触れ合いながら、大型キャンバスに自由に絵を描いた。完成した作品は、12日~11月6日に同施設に展示する。

 「みんなで大きな絵をかこう」と題したワークショップで、親子連れら約30人が参加した。子どもたちは長い足とほっそりした体形が特徴の犬種・ボルゾイと触れ合い、じっくりと観察すると、縦約2メートル、横約5メートルの大型キャンバスに自由に犬を表現。絵の具を塗った手のひらで着色したり、空いたスペースにはサクランボを描き入れたりして、それぞれ自由な発想で作品づくりを楽しんでいた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]