月山の旬の味“合算” 鶴岡「里山もみじ御膳」10月開始

2022/9/29 14:26
月山山麓の秋の味覚をそろえた里山もみじ御膳=鶴岡市・安野旅館

 鶴岡市の朝日、櫛引、羽黒地域の旅館・飲食店が、秋の食材を使った「里山もみじ御膳」を提供するプロジェクトが、来月1日からスタートする。7店舗が参加し、月山山麓のキノコや野菜を盛り込んだ独自の御膳を振る舞う。

 出羽商工会が毎年行っている地域振興事業で、今年は▽旅館朝日屋▽安野旅館▽KAPPO花咲季▽原田食品▽仕出し料理あらかわ▽御食事処いしい▽麺工房無量庵が参加する。キノコや栗、野菜を使った料理に海の幸とフルーツを加えた旅館や、季節野菜の料理を詰め込んだ二段弁当を販売する店もある。

 同市中田の安野旅館で26日、発表会が開かれ、商工会関係者など約10人が試食した。メニューはキノコご飯、あけびキノコのみそチーズ焼き、ハタハタと大根の煮付け、里芋とレンコンの唐揚げ、芋煮など20品以上。櫛引地域の黒川能の王祇祭で役者に振る舞われる凍み豆腐、はじけ栗、コゴミやクルミなどで味付けした「切りあえ」などの地元料理も提供する。

 同旅館の安野良明取締役(69)は「地元の料理を提供したいと、黒川能の料理に挑戦した。この土地ならではの味覚を、ぜひ味わってほしい」と話した。

 期間は全店舗来月31日まで。料金は店ごとに異なり、1650~2750円。2人以上からの予約制で、希望日の2日前まで店に申し込む。問い合わせは同商工会櫛引支所0235(57)2833。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]