6人の個性、豊かな表現 新庄で芸工大生がグループ展

2022/9/20 14:56
学生6人の個性が凝縮された展示会=新庄市のアトリエ・山形現代美術館

 東北芸術工科大(山形市)の学生6人によるグループ展が新庄市大手町のアトリエ・山形現代美術館で開かれている。互いの異なる個性を認め合うメンバーの作品計約110点が並ぶ。

 出展しているのは、同大美術科洋画コースで学ぶ荒田有希さん(23)、江口湖夏さん(24)、小沢七海さん(20)、小野綾花さん(21)、児玉愛実さん(20)、小宮山明衣さん(21)。展名の「Pieceful(ピースフル)」には、6人の個性と近過ぎず遠過ぎない人間関係という思いを込めた。

 互いの表現を尊重しようと、持ち込む作品は相談しなかった。絵画はカラフルなものから、白と黒を基調にしたシンプルな作風まで幅広く、中には発泡ウレタンで腫瘍を模した立体作品も。江口さんは「作品を見て、ほっとするような気持ちになってほしい」と話していた。作品は購入可能。25日まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]