夏の夜、オレンジの光 東根で灯ろう祭り

2022/8/13 22:05
約350個の灯籠が水面に浮かぶ「長瀞二の堀灯ろう祭り」=東根市長瀞

 東根市長瀞地区で13日、お盆の精霊送りにちなんだ恒例の「長瀞二の堀灯ろう祭り」が始まった。長瀞城跡の二の堀に灯籠が浮かび、夏の夜に幻想的な雰囲気を醸し出している。

 地元住民手作りの約350個を展示。日常生活や地域への思いを描写した地元の長瀞小児童の「想画」をはじめ、人気キャラクターや季節の風景、市無形民俗文化財・長瀞猪子(しし)にまつわる灯籠などさまざまな絵柄が並んでいる。堀の回りでは住民や帰省客が穏やかに漂うオレンジの光に見入っていた。

 長瀞地区地域振興協議会(結城五郎会長)が開催し、15日まで午後7~9時に点灯する。15日午後7時半から花火を打ち上げる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]