賛同14店、子どもたちに無料ランチ 上山の「かえる家」新たな支援活動

2022/8/12 11:31
店頭にポスターを掲示する「かえる家ランチチケット」事業の協力店=上山市・蕎麦処一休

 上山市のかみのやまこども食堂「かえる家(や)」は、新たな支援活動として9月30日まで「かえる家ランチチケット」事業を展開している。市内の飲食店など14店舗で、チケットを持参した子どもたちが無料で昼食の提供を受けられる仕組み。萩生田充知子代表は「『夏休み中に子どもたちを痩せさせない』がコンセプト。しっかり食べて、新学期への意欲につなげてほしい」と話している。

 かえる家は、萩生田代表と夫で副代表の萩生田祐司・浄光寺住職が地元住民らの協力で運営する。長期休みの小中学生たちを対象に、同寺を食事や学習の場として開放している。また、子育て世帯に食材のお渡し会も開いている。

 「かえる家ランチチケット」事業は、厚生労働省の助成を受けて企画。趣旨に賛同する市内飲食店の協力を得て9日に開始した。

 そばやパンの店、食堂など14店舗が店頭や店内にポスターを掲示し、ランチチケット用のメニューを準備した所も。チケットは千食分を用意し、市内のひとり親世帯や、昼に子どもだけになる世帯に対し、浄光寺で配布している。利用期限は9月末にした。

 萩生田代表は「物価高騰などでお店の負担も大きい中で協力していただき、感謝するばかりだ。上山がこれまで以上に子どもたちを地域で育てて見守るまちになってほしい」と話した。問い合わせは浄光寺023(672)0810。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]