あすのモンテホーム戦、夏全開の企画満載 置賜の高校生、同世代1000人動員へ

2022/8/12 08:54
合宿で企画案を発表する高校生たち=7月23日、天童市

 置賜地方の高校生がサッカーJ2・モンテディオ山形の集客策を考え、生徒千人の動員を目指すプロジェクトで、13日のホーム戦に向けたイベント内容が固まった。試合観戦を楽しむだけでなく、夏祭りのような雰囲気を味わってもらおうと、浴衣着用によるチケット割引、移動手段となるシャトルバスの特別便などの企画を組み合わせた。交流サイト(SNS)を活用し、PRしていく。

 今回に限った高校生対象の企画として、浴衣着用や学校単位による団体のチケット割引をする。移動手段として、道の駅米沢(米沢市)、JR山形駅(山形市)とスタジアムをそれぞれ結ぶシャトルバスをチケット購入者のために運行する。大型3台の予定で運賃は往復500円とした。

 試合前には水鉄砲を使った「カラーシューティングイベント」を開く。持参した白いTシャツを着て、食紅を混ぜた水を撃ち合うゲームで、「夏」を感じる催しに仕上げた。会場の飲食店エリアには生徒たちに人気のグルメもあり、観戦初心者向けのパンフレットも製作。告知のためツイッターやインスタグラムで専用アカウントを開設し、周知に努める。

 生徒たちは今年7月から合宿やオンラインによる会議を通じ、同世代を呼び込むアイデアを練ってきた。期間中、企業を訪問し協賛金を得て、告知のためにラジオにも出演した。九里学園高3年の津田登羽さん(18)は「スタジアムの魅力は現地でこそ伝わる。夏祭りに遊びに行くような意識で来てほしい」と呼びかけた。

 3連勝が懸かる金沢戦は天童市のNDソフトスタジアム山形で午後7時キックオフ。

【関連リンク】

モンテディオ山形・高校生プロジェクト

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]