笑顔と熱気、県都の夏 山形花笠まつり第2日

2022/8/6 23:15
正調踊りを披露する花笠舞踊団

 第60回山形花笠まつりは第2日の6日、25団体約1500人が山形市中心部の目抜き通りで華やかに笠を揺らした。真夏の暑さと高まる会場の熱気は夏祭りならではで、県都の夜は活気に満ちあふれた。

 涼しさを感じた前日とは打って変わり、日中の最高気温が30度近くまで上がった山形市。夜も暑さを感じる中、色とりどりの衣装に身を包んだ踊り手たちは汗を光らせながら踊り進んだ。

 沿道の観客はマスク越しにも分かる笑顔で、山形の夏の風物詩を堪能。花笠音頭に合わせて手拍子をし、踊り手と一緒にパレードを盛り上げた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]