輝き増す「黄金繭」 米沢で収繭作業

2022/7/6 11:46
黄金繭をいとおしそうに見詰める山岸幸一さん(右)と大典さん=米沢市・赤崩草木染研究所

 米沢市赤崩の草木染織作家山岸幸一さん(75)の工房で5日、黄金色に輝く品種の「黄金繭(おうごんまゆ)」の収繭(しゅうけん)作業が行われた。

 山岸さんの工房では、主に染料として使うために黄金繭のカイコを育てている。この日は、わらで編んだカイコの寝床「わらまぶし」から繭を取り外した後、山岸さんと、息子の大典(だいすけ)さん(38)が、繭の周りについた「毛羽」を取り除く作業を行った。

 繭の中にはさなぎになったカイコが生きており、放っておくと羽化して繭の品質が低下してしまう。熱風で乾燥させる方法もあるが、同工房では冷蔵庫で羽化を抑制しながら、おおよそ3カ月の間に使用する。カイコからは卵も取り、来年の養蚕まで保管する。

 黄金繭から抽出した色素で絹糸を染め上げる山岸さんの技法は、「春来夢(しゅんらいむ)」として商標登録している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]