掛け声に合わせ、若い力一つ 加茂水産高カッターレース

2022/7/6 08:03
息を合わせオールをこぐ生徒たち=鶴岡市・加茂港

 鶴岡市の加茂水産高(斎藤祐一校長、71人)恒例のカッターレース大会が5日、同校近くの加茂港で開かれた。カッター(手こぎボート)に乗り込んだ生徒たちが力いっぱいオールをこぎ、青空の下に水しぶきを上げた。

 各クラスと職員・同窓会の計6チームが出場した。全長9メートルの2艇を使用。指揮役と艇長を含む14人が往復600メートルのコースを2回レースし、合計タイムを競った。

 「いち、にっ、そーれ」。掛け声に合わせ力強く舟を前に進める生徒たち。ぐんぐんと疾走する様子に、岸壁で見守る教員や生徒からも声援が飛んだ。2年西優磨さん(16)は「去年より上達した。来年に向けてチームワークをもっと固くしていきたい」と汗を拭った。

 同校の創立記念行事で、1973(昭和48)年に始まり今年で42回目。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]