「鶴岡市長から直接」29人、見聞き含め249人 百条委、パワハラ疑惑アンケート

2022/7/5 11:34
鶴岡市役所(資料写真)

 鶴岡市議会の百条委員会が調査を進めてきた皆川治市長による職員への対応について、退職者を含む市職員へのアンケート結果が4日公表され、29人が市長からパワハラと疑われる言動を直接受けたことがあると答えた。見たり、聞いたりしたことがあるかも含めると、249人が「ある」とした。記名による回答もあり、百条委は事実関係の確認を進める。

 同日の百条委の会議で示した。対象は医療職などを除く現職と過去5年間の退職者計1271人。5月6~20日に行い、6月7日までに477件を回収した。

 どんな言動を受けたか(複数回答可)では「威圧的な行為」が最も多く21件に上った。次いで▽暴言・名誉毀損(きそん)・侮辱13件▽執拗(しつよう)な非難12件▽実現不可能・無駄な業務の強要8件―など。自由記述欄への具体的な記載は27件あった。

 こうした言動を「目撃した」との回答は61件、「聞いた」は233件(重複回答含む)あった。直接受けたケースと同様に「威圧的な行為」が目立った。

 アンケートは原則無記名で、調査に協力できる場合は任意で記名を求めた。実名の記載が複数あったといい、百条委は本人の意思を確認しながら事情聴取や証人喚問を検討する。佐藤博幸委員長は「事実を解明する上で重要な結果。意を決して書いたであろうことに配慮し、丁寧に進める」と述べた。

 市長の職員への対応を巡っては、市職員労働組合の実態調査でも19人が「パワハラが疑われる行為を受けた」と回答している。

 百条委は、2017年の市長選期間に皆川市長が受け取った現金100万円を巡る選挙運動費用収支報告書の不記載問題と、市職員に対するパワハラ疑惑を調査している。不記載問題では、皆川市長への証人尋問を今月25日に行う予定。ただ、4日に予定した寄付者への尋問を本人の事情で延期したため、再調整を含め検討している。元県議と出納責任者の尋問は5~6月に秘密会で終えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]