吉村知事の所得2003万円、前年比増 平均は県議1185万円、市町村長1213万円

2022/7/5 10:14

 吉村美栄子知事と県議の2021年分の所得報告書が4日、公開された。各市町村長も同日までに公開。吉村知事の所得総額は2003万3千円で、前年より287万2千円増。昨年1月の県議補選(山形市区)で初当選した梅津庸成氏と、各種選挙への出馬などで辞職した4人を除く県議38人の平均は1185万2千円。市町村長は西川、高畠、庄内の3町を除く32市町村の平均で1213万9千円となった。

(記事中の金額は千円未満切り捨て)

 吉村知事の知事報酬は1875万4千円で、前年の20年より302万7千円増加した。コロナ禍で県民生活や企業活動が打撃を受けたことに配慮し、20年6月のボーナス(期末手当)296万6千円を不支給とする条例改正を行ったことなどが要因となった。その他の収入は、山形市内に親族と共同所有する賃貸アパートの家賃収入115万6千円、講演料12万2千円。

 県議は定数43(欠員4)。梅津氏を除く38人が公開対象となった。最高は、青柳安展氏(東根市区)の1853万9千円で、議員報酬のほか不動産所得を報告した。森田広氏(酒田市・飽海郡区)の1441万円、山科朝則氏(新庄市区)の1428万1千円、議長の坂本貴美雄氏(同)の1373万円などと続いた。

 市町村長は、32市町村が公開対象。トップは山本信治天童市長の1627万5千円で、次いで佐藤孝弘山形市長の1575万7千円、山尾順紀新庄市長の1384万8千円、志布隆夫村山市長の1376万8千円、内谷重治長井市長の1349万4千円となった。

 昨年12月末時点で前年から増加した資産を公表した県議、市町村長の補充内容は次の通り。

(敬称略、土地・建物のかっこ内にある金額は固定資産税の課税標準額)

 【県議】

 ▽奥山誠治(山形市区)=普通自動車1台

 ▽加賀正和(尾花沢市・北村山郡区)=金銭信託7万7千円

 ▽梶原宗明(酒田市・飽海郡区)=軽自動車1台

 ▽関徹(鶴岡市区)=預金210万円

 ▽舩山現人(東置賜郡区)=土地2145平方メートル(持ち分3分の2・相続分、185万4千円)土地5万1868平方メートル(相続分、488万5千円)建物185.12平方メートル(相続分、72万2千円)建物485.32平方メートル(相続分、76万6千円)

 ▽矢吹栄修(天童市区)=金銭信託60万円

 【市町村長】

 ▽横戸長兵衛(上山)=土地257.84平方メートル(150万7千円)建物144.45平方メートル(159万2千円)建物69.42平方メートル(6万3千円)

 ▽山本信治(天童)=土地計2万2482.41平方メートル(751万6千円)

 ▽鈴木浩幸(朝日)=軽自動車1台

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]