本県など、東北南部で梅雨明け 最短14日間、初の6月中

2022/6/29 20:51
統計史上最も早く6月の梅雨明けとなった県内は強い日差しが注いだ=山形市七日町

 気象庁は29日、本県を含む東北南部で梅雨明けしたとみられると発表した。統計のある1951(昭和26)年以降で最も早く、6月中は初めて。梅雨の期間は最も短い14日間だった。

 今年の東北南部の梅雨入りは6月15日ごろで、平年より3日遅く、昨年より4日早かった。平年の梅雨明けは7月24日ごろで、今年は25日早く、昨年より17日早かった。

 6月15日から28日までの降水量(速報値)は山形が47.5ミリ(平年値59.1ミリ)、酒田は44ミリ(同75.4ミリ)、新庄が223.5ミリ(同73.8ミリ)だった。

 29日の山形市は、朝から強い日差しが注いだ。日中の最高気温は34.1度で今年一番の暑さになった。日傘を差して歩く女性が多く、歩行者は暑そうな表情で空を見上げていた。

 このほか、鶴岡33度、東根33.7度、新庄32.2度、米沢32.5度など、山形地方気象台の22の観測点の中で18地点が30度を超える真夏日となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]