競泳女子背・長岡(山形商)に注目 県高校総体・水泳展望

2022/6/24 13:53

[PR]
 第73回県高校総合体育大会の水泳は、競泳が24日から酒田市光ケ丘プールで、飛び込みは26日に米沢市営プールでそれぞれ行われる。

 競泳の女子は、昨年の全国高校総体100メートル背泳ぎで頂点に立った長岡愛海(山形商)に注目が集まる。今年4月の日本選手権で3位の実力者は、200メートルとともに全国の頂点を見据えてレースに臨む。200メートル、400メートル個人メドレーは小原希々颯(日大山形)、50メートル、100メートル自由形は疋田きらり(鶴岡南)が頭一つ抜けている。昨年の全国中学校体育大会で200メートルバタフライを制した松坂星夏(日大山形)もどんな泳ぎを見せるのか。

 男子の自由形は、200メートルと400メートルで東北新人大会を制した佐藤隆晴(鶴岡南)が強い。50メートル、100メートルは三浦智成(同)が他を引き離すか。1500メートルは成長著しい1年生工藤岳斗(酒田南)に注目だ。

 飛び込み男子は、昨年の全国高校総体で高飛び込み6位入賞の小関樹(米沢工)が出場。昨年から演技の難易度を上げており、全国上位入賞へ高い完成度が期待される。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]