与野党の攻防、激化 参院選、きょう22日公示

2022/6/22 07:29

[PR]
 今夏最大の政治決戦となる第26回参院選は22日に公示され、7月10日の投開票日に向けた選挙戦が始まる。勝敗の鍵を握る全国32の改選1人区で野党の候補者一本化が限定的となる中、県選挙区(改選数1)では野党共闘が実現せず、前回(2019年)の3人を上回る現新5人が出馬を見込む。新型コロナウイルス対策や物価高騰への対応、憲法改正と安全保障の在り方などが問われる。

 県選挙区に立候補を予定するのは国民民主党現職の舟山康江(56)、自民党新人の大内理加(59)=公明党推薦、共産党新人の石川渉(48)、NHK党新人の小泉明(51)、政治団体「参政党」新人の黒木明(48)の5氏。各陣営は22日に県選挙管理委員会に立候補を届け出た後、いずれも山形市内で第一声を上げる予定。

 舟山氏は山形市内で故鹿野道彦氏を墓参し、午前8時に同市のパレスグランデールで出陣式。第一声を上げ、同市役所前などで演説し、西村山地域に入る。

 大内氏は午前7時から山形市の山形国際交流プラザで必勝祈願祭、出陣式に臨む。同市役所前で第一声を行い、東村山地域を中心に遊説コースを組む。

 石川氏は午前8時から山形市の党県委員会で出陣式を行い、午前9時に近くの飲食店前で第一声を放つ。その後は山形市内を巡り、置賜地域に移る。

 小泉氏は立候補の届け出後、県庁前で第一声。山形市と同市周辺部を自転車で移動し、掲示板への選挙ポスター貼りや街宣活動を予定する。

 黒木氏は午前9時から山形市内の事務所で出陣式を行い、第一声。同市役所前や天童市のイオンモール天童前で演説し、山形市や村山地域北部を回る。

【県区立候補予定者】(改選数1、敬称略)

舟山 康江 56 党筆頭副代表  国民現 

大内 理加 59 元県議     自民新=公明推

石川  渉 48 政党役員    共産新 

小泉  明 51 発酵料理研究家 N党新 

黒木  明 48 会社員     諸派新 

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]