参院選、投票用紙を発送 大風印刷から各市町村に向けて

2022/5/24 20:42
各市町村に発送する投票用紙を車に積み込む職員ら=山形市・大風印刷

 夏の参院選(任期満了・7月25日)で使用する投票用紙が24日、山形市蔵王松ケ丘1丁目の大風印刷から各市町村に向けて発送された。人口減少などに伴い、2019年の前回から2万4200枚減少した。

 投票用紙は選挙区と比例代表の一般用各99万6千枚、点字用各2千枚、船員用各400枚。不在者投票用封筒など8万5200枚も送られた。投票用紙は選挙区がクリーム色、比例代表が白色で、折り曲げてもすぐに開く特性を持った合成紙を使用している。

 この日は、県選挙管理委員会の職員らが投票用紙を詰め込んだ段ボールに書かれた市町村名や枚数を確認し、各総合支庁の車に積み込んだ。県選管の担当者は「1人でも多くの人に投票してもらえるように啓発に力を入れたい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]