新県立病院近くに宅地 新庄開発センター、26区画販売開始

2022/5/24 10:44
新庄開発センターが造成を進める「なないろタウン」。中央奥が建設中の新県立新庄病院=新庄市金沢

 建設・不動産業の新庄開発センター(新庄市、中村真社長)は、移転新築中の新県立新庄病院に近接する同市金沢で宅地造成を進めている。10月末までに完了する予定で、「なないろタウン」として全26区画の販売を始めた。

 分譲地は国道13号沿いの新病院から徒歩2分、JR新庄駅まで徒歩10分で、周辺にショッピングセンターもある。隣接地には大手ドラッグストアが出店する予定で、利便性の高さを前面に販売する考え。

 開発面積は9803平方メートルで、1区画165~576平方メートル。分譲価格は482万円~1699万円で最多価格帯は700万円台となっている。一部の区画はグループ会社のヤマムラ(同市、中村忍社長)と請負契約する建築条件付きとなる。

 問い合わせは新庄開発センターの不動産部アフィット0233(23)8377。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]