せせらぎ感じ、小さな旅 山形・面白山、紅葉川渓谷

2022/5/22 11:44
紅葉川渓谷で新緑と清流の風情を楽しむ参加者=山形市

 行楽シーズンを迎え、山形市山寺の面白山と紅葉川渓谷の安全祈願・オープニングセレモニーが21日、JR面白山高原駅周辺で行われた。県内外から訪れた人たちが渓谷沿いを散策し、新緑と清流の風情を楽しんだ。

 山形市や同市観光協会、山寺山愛会の関係者らが出席し、今季の観光客の無事を祈った。この日はJR東日本が「駅長オススメの小さな旅」を企画し、宮城県や福島県など県内外から集まった21人がハイキングを満喫した。一行は同駅から舗装路を20分ほど下って渓谷に入り、川沿いのコースを上流に向かい、自然の魅力を感じ取っていた。

 祖母と一緒に参加した南陽市沖郷小4年の佐藤颯太君(9)は「とても疲れたけど、いい景色を見ることができて満足した」と、笑顔を見せていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]