自民県連、大内氏に出馬要請へ  遠藤会長「週明けにも」

2022/5/22 08:23

[PR]
 夏の参院選県選挙区(改選数1)に、独自候補の擁立を決め、元県議の大内理加氏(59)を軸に人選を進めている自民党県連の遠藤利明会長(衆院県1区)は21日、山形新聞の取材に対し、「週明けにも大内氏に面会して出馬を要請する」との考えを明らかにした。

 参院選を控え、党選対委員長の遠藤氏はこの週末、党務で青森県などを回っているため、具体的な日程については「近日中に大内氏と調整する」とした。

 また、大内氏の擁立を目指す理由として、遠藤会長は「(2021年1月の)知事選を戦っており、県全体に名前が浸透している」と強調。「知名度の高さを考えれば、すぐにでも大内さんで決めたい」と述べた。また、独自候補の選定を進めていた今年2月時点で、大内氏が3人に絞り込んだ候補者の一人だったことも明らかにした。

 自民党本部は22年度予算に賛成した国民民主党に配慮し、独自候補を見送る方向で最終調整を進めていた。党執行部内には3選を目指す国民現職の舟山康江氏(55)への推薦論も浮上したが、国民との交渉がまとまらず、一転して擁立に踏み切ることを決めた。

 県選挙区は共産党新人の石川渉氏(48)、NHK党新人の小泉明氏(51)も出馬を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]