児童たち、幼虫じっーと 川西・大塚小、チョウセンアカシジミ観察

2022/5/20 11:52
相馬孝一郎代表(右)と一緒に幼虫を観察する子どもたち=川西町

 県指定天然記念物のチョウ「チョウセンアカシジミ」の幼虫観察会が16日、川西町大塚小(竹田洋校長)近くの観察園で開かれ、3年生12人が小さな命の大切さを学んだ。

 「チョウセンアカシジミを守る会川西町」代表の相馬孝一郎さん(78)が指導し、餌となるトネリコの木に隠れた幼虫を探した。幼虫の体長は1センチ未満。背中から蜜を出すことでアリを集め、天敵の虫を食べてもらう共生関係を持っている。相馬さんが「多くの人に守ってもらっている皆と同じ」と説明すると、子どもたちは「アリさんと友達なんだ」などと話し合っていた。

トネリコの木にすむチョウセンアカシジミの幼虫。蜜を出してアリを集めることで、天敵から守ってもらっている

 同校では毎年3年生がチョウの見守りと観察を行っている。来月には成虫の観察会を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]