酒田まつり、華やかに開幕 沿道に露店300軒、20日に本祭り

2022/5/19 21:30
大通りから日和山公園にかけての沿道に、約300の露店がずらりと並んだ=酒田市

 酒田市に初夏の訪れを告げる「酒田まつり」が19日に開幕した。300軒ほどの露店が沿道にずらりと並び、宵祭りでは華やかなステージパフォーマンスが繰り広げられた。21日まで、中心市街地が3年ぶりの祭りの活気に包まれる。

 旧マリーン5清水屋前の特設ステージで、笛と太鼓の軽快な拍子が耳に残る「酒田ばやし」や、学生のダンス、酒田舞娘(まいこ)による演舞などが披露された。中町モールには、地元児童が新型コロナウイルスの感染収束などを願いながら絵付けしたちょうちん約300個が飾られ、祭りの雰囲気を盛り上げている。

 酒田まつりは1609(慶長14)年に始まった日枝神社の例大祭・山王祭を起源とする。コロナ禍で過去2年は神事のみを行った。20日の本祭りは大獅子などの山車行列や、港町の歴史になぞらえた時代行列などを実施する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]