モンテ選手ら「大蕨の棚田」で田植え 山辺

2022/5/16 21:04
藤嶋栄介選手(左)と木村誠二選手(左から2番目)らが手際よく田植えした=山辺町大蕨

 山辺町の「大蕨の棚田」で16日、地元住民やサッカーJ2・モンテディオ山形の選手らが田植えを行った。景観維持を目的とした取り組みで、参加者が苗を手際よく丁寧に植えた。

 ボランティア組織の「グループ農夫の会」(稲村和之代表)や地元の中地区有志の会(稲村健会長)のメンバー、モンテディオ山形のスタッフら約30人が参加し、約3アールの田んぼに「山形95号」を植えた。チームからはGK藤嶋栄介選手(30)とDF木村誠二選手(20)が作業に加わった。

 小雨が降る中、参加者たちは会話を楽しみながら30分ほどで苗を植え終えた。藤嶋選手は「子どもの頃以来となる久しぶりの田植えで、楽しかった」、木村選手は「おいしく育ち、多くの人に食べてもらえたらうれしい」と話していた。

 モンテの選手らが参加する田植えは毎年行われており、今年で12年目。秋に収穫したコメは「モンテ棚田米」として販売し、売り上げは棚田の維持費などに充てる。28日には山形交響楽団の有志も大蕨の棚田で田植えをする予定。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]