交通系ICカード・チェリカ利用開始 県内民間バスとJR乗り継ぎOK、買い物も

2022/5/14 21:12
地域連携ICカード・チェリカが14日から使えるようになり、バスの乗車体験が行われた=山形市・山交ビル

 JR東日本の「Suica(スイカ)」のサービスを利用できる交通系の地域連携ICカード「cherica(チェリカ)」が14日から使えるようになった。山交バス(山形市)、庄内交通(鶴岡市)の路線バス、山形市、米沢市のバスなどのほか、JRの利用時にキャッシュレスで決済できる。定期券にもなり、スイカが使える店舗などで買い物もできる。同日、山形市の山交ビルで記念式典が行われた。

 県内全域で複数の民間バスが一斉に交通系ICカードを導入するのは全国初という。公共交通網での移動の利便性が向上する。この日は乗車体験も行われた。乗車、降車時にカード読み取り機にかざすだけで支払いが終了する。体験した吉村美栄子知事は「1秒で終わった」と感激していた。

地域連携ICカード・チェリカが14日から使えるようになり、バスの乗車体験が行われた=山形市・山交ビル

 式典で山交バスの高橋智社長、庄内交通の村紀明社長は「県外からの来県者、外国人観光客にも便利なシステム。さらなる利便性向上に取り組む」「導入はバス会社の使命だった。全国で使えるのも強み。公共交通機関の役割をしっかり果たしたい」とあいさつ。吉村知事は祝辞で「県内各地のコミュニティバスへの導入を引き続き呼び掛ける」と述べた。

 チェリカが使えるのは山交バス、庄内交通の両社が運行する路線バスと、山形市コミュニティバス東部・西部循環線(ベニちゃんバス)、山交ハイヤーの山形空港シャトル、米沢市民バス。利用状況に応じてたまった「交通ポイント」を運賃から自動で差し引く独自機能を持つ。両社の営業所やバスターミナルで販売する。チャージはバス車内でできる。初日は同ビル1階の山交バスの案内センターに、高齢者を含めて購入希望者の行列ができていた。市内の男性会社員(61)は「通勤でバスを利用しているので便利になる。JRで使えるものいい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]