新緑と岩壁、神秘的な景色 長井・ゴムボートで巡る三淵渓谷

2022/5/13 21:08
輝く新緑を見上げ、岩壁の間を進むゴムボート=長井市・三淵渓谷

 長井市の「ながい百秋湖」(長井ダム湖)の上流部をゴムボートで巡る「三淵渓谷通り抜け参拝」の運航が13日始まり、参加者が新緑と岩壁が織りなす神秘的な景色を堪能した。

 三淵渓谷は高さ50メートルを超える断崖絶壁が約250メートルにわたって続く秘境。水神にまつわる伝説が残り、パワースポットとして知られている。湖面から眺める山肌には一部に雪が残り、ひんやりとした空気を浴びながら20分ほどで渓谷に到着。緑の間から日の光が差し、こけむした岩壁と湖面を照らす、静かで穏やかな絶景が広がっていた。

 同市大町、主婦小幡睦さん(55)は「季節によって毎回違った表情がある。緑の鮮やかさ、鳥の声に癒やされた」と話した。

 11月中旬ごろまで、市内のNPO法人最上川リバーツーリズムネットワーク(佐藤五郎代表理事)が金、土、日曜と祝日に運航。新型コロナウイルス対策として全便貸し切り制としている。問い合わせは野川まなび館0238(87)0605。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]