緑白綬有功章に斉藤さん(最上)、渡辺さん(小国) 21年度農事功績表彰

2022/5/13 14:30
斉藤菊雄さん
渡辺正義さん

 公益社団法人大日本農会(総裁・秋篠宮さま)の2021年度農事功績表彰で、緑白綬有功章(農事功労者)に本県から、元最上町アスパラガス生産協議会長の斉藤菊雄さん(75)=最上町=と、農事組合法人小国きんたけ工房理事の渡辺正義さん(69)=小国町=の2人が選ばれた。それぞれ地域農業の発展などに尽力した。

 斉藤さんは地域でいち早くアスパラガスの栽培に取り組み、土作りをはじめとした育成技術を確立した。同協議会の初代会長として産地化やブランド化を図り、地域農業をリードした。現在、最上町は県内一の産地となっている。大規模農業経営を展開し、地域の雇用創出にも貢献している。

 渡辺さんは地元の山間地域の環境を生かし、キノコと水稲を組み合わせた周年型農業を構築した。県指導農業士などとしても活躍し、地域農業の振興や担い手の育成にも力を入れている。国内初の観光ワラビ園の開設に携わるなど、農業にとどまらず地域の発展に尽力している。

 受章した2人と大日本農会山形支会の栗田幸太郎会長は12日、県庁を訪れ、吉村美栄子知事と懇談した。アスパラガス栽培や観光ワラビ園を始めた経緯などを紹介し、斉藤さんは「アスパラガスは人気があるし、値段も安定している。若い人に取り組んでほしい」、渡辺さんは「ワラビ園はいつかブームが過ぎると思っていたが、どんどんお客が増えて喜んでもらっている」などと語った。吉村知事は「地域の発展のためにますます活躍してもらいたい」とたたえた。

 例年、11月に東京で表彰式が行われるが、21年度は新型コロナウイルスの影響で見送られた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]