5連勝へ、リズムが大事 モンテ、きょう8日ホーム大分戦

2022/5/8 08:57

[PR]
 サッカーJ2は第15節の8日、各地で10試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で大分と対戦する。両チームともに後方からのビルドアップ(組み立て)を展開の軸としており、中盤の主導権争いは激しくなりそう。中2、3日で続いた5連戦締めくくりの一戦で、好調の山形は昨シーズン第22節以来の5連勝を目指す。

 山形は前節からオフを挟み、6、7の両日は非公開練習で調整した。栃木と戦った前節、MFチアゴ・アウベスが試合終盤に勝ち越しゴールを決め、2―1で競り勝った。今季は3分の1の日程を終え、通算成績は6勝4分け4敗。順位は5位をキープし、J1自動昇格圏内2位まで勝ち点4差としている。

 一方の大分はJ1で戦った昨季、18位で降格が決定。横浜FCなどを率いた下平隆宏監督が新たに就任した。開幕数試合で出遅れたが、徐々に白星を重ね、現在は通算成績5勝5分け4敗の9位。山形との勝ち点差は2。

 前節は大宮と1―1で引き分けた。連戦の中で先発の入れ替えは1人のみで、攻撃時はボランチが最後尾に下がり、配球役を担った。陣形は4―4―2か。技巧派のMF下田北斗らが攻撃陣の要となる。

 一方の山形は前節先発のFWデラトーレ、MF小西雄大らが連戦で調子を上げている。層は厚みを増し、好材料は多い。出だしは、しっかりとボールの保持率を高め、リズムをつかみたい。

第16節の岩手戦中止・岩手複数選手がコロナ陽性

 Jリーグは7日、新型コロナウイルスの影響で、J2第15節の大宮―岩手(8日・NACK5スタジアム大宮)と第16節の岩手―山形(14日・いわぎんスタジアム)を中止すると発表した。岩手の複数の選手がコロナ陽性判定を受け、管轄の保健所がクラスター(感染者集団)と認定。14日までチームの活動停止が適切と判断されたため。代替日は未定。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]