モンテ鉄壁、今季初の連勝 徳島に1-0、小西の先制点守り切る

2022/4/28 10:05
〈徳島―山形〉後半6分、先制ゴールを決めて喜ぶ山形のMF小西雄大(右端)=徳島県鳴門市、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2は第12節の27日、各地で11試合が行われた。モンテディオ山形は徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島と対戦し、1―0で勝利した。今季初の2連勝で通算成績は4勝4分け4敗。順位は11位に浮上した。

 中3日の連戦で山形は先発4人を変更し、MF河合秀人とFWデラトーレが今季初先発を果たした。前半は0―0で折り返し。後半6分、MF小西雄大が左足のミドルシュートで先制点を挙げた。守備陣が奮闘し、2戦連続で完封勝利を収めた。

 山形は次節の来月1日、天童市のNDソフトスタジアム山形で長崎と戦う。

 【評】山形はMF小西の先制点を守り抜いた。両チームともに積極的な守備を軸に戦い、山形は後半6分、セットプレーのこぼれ球を拾った小西が左足を振り抜いた。終盤は自陣でプレーする機会が増えたが、ゴール前の窮地は体を張って防ぎ、敵のシュートを6本に抑えた。

いいパフォーマンスだった

 ピーター・クラモフスキー監督の話 非常にいい前半の戦い方ができた。全体的にいいパフォーマンスだった。後半に先行し、粘り強く戦い、無失点に抑えられて良かった。(MF小西雄大は)試合をコントロールし、素晴らしいゴールだった。彼の日々のハードワークが報われた。

【モンテ選手ひと言】

 ▽MF小西雄大(今季初ゴールが決勝点) 勝利に貢献できてうれしい。後半立ち上がりに軽い守備をしてしまい、思い切りのいいプレーをしようと切り替えた。(古巣の徳島に)成長した部分を見せられたと思う。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]