モンテ、売上高過去最高 21年度決算、スポンサー収入伸びる

2022/4/27 11:13

[PR]
 サッカーJ2・モンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形は26日、山形市の山形テルサで株主総会を開き、2021年度(21年2月~22年1月)決算を承認した。新型コロナウイルス禍の中でもスポンサー収入を伸ばし、売上高は前期比1億7300万円増の18億4700万円で、J1時代を含む過去最高を更新。純利益は1900万円で2年ぶりに黒字に転換した。

 売上高の主な内訳はスポンサー収入が前期比1億4200万円増の6億9900万円、入場料収入が6600万円増の1億8100万円、グッズ販売収入は2100万円増の1億2700万円。選手獲得などに充てるチーム人件費(強化費)5億8800万円を含む営業費用は1億1100万円増の18億3600万円。

 スポンサー収入は過去最高となり、県内外で大口を獲得したほか、応援グッズやSDGs(持続可能な開発目標)などを絡めた企業との取り組みが成果につながった。グッズ販売収入は新エンブレムの制作が追い風になった。ホーム戦の平均観客数は5082人。コロナ禍前の動員には届かなかったが、単価向上により入場料収入は18年度と同水準まで回復した。

 決算報告の記者会見で相田健太郎社長は「昨年よりも多くの観客動員を求めれば、売り上げは比例していく。社員一丸となっていきたい」と語り、22年度の目標として売上高20億円を挙げた。

 株主総会では県の人事異動に伴い、取締役に観光文化スポーツ部長の西沢恵子氏を新任した。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]