さあ5連戦、勝利で弾み モンテ、きょう23日にホーム大宮戦

2022/4/23 08:15

 サッカーJ2は第11節第3日の23日、各地で7試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で大宮と戦う。今節から中2、3日で続く5連戦が始まる。勝利で勢いづきたい一戦に向け、MF山田康太は「(先制点を取られると)相手も少し硬くなる。まずは自分たちが点を取ることが大事だと思う」と語った。

 山形は22日、非公開練習で調整した。町田と対戦した前節は山田康のミドルシュートで終盤に追い付き、1―1で引き分けた。今季初の連勝はならず、通算成績は2勝4分け4敗。順位は19位に下がった。

 一方の大宮は通算成績1勝3分け6敗で、順位は21位。昨季途中に就任した霜田正浩監督が引き続き指揮を執る。メンバーの大幅な入れ替えに取り組み、J1・G大阪のMF矢島慎也らが加わった。

 開幕9戦未勝利と苦戦を強いられた中、前節はシュート4本に抑えられつつ、エースFW河田篤秀が2得点と奮闘。千葉を2―1で退け、今シーズン初勝利を挙げた。陣形は4―3―3か。山形同様に、この一戦で浮上のきっかけをつかみたいはずだ。

 千葉戦は1点目の後、粘り強く守っていただけに、山田康が言う先制点の重要性はうなずける。山形は先制した今季の計4試合は2勝2分け。守備はセットプレーを起点とする失点を防ぎたい。

いろいろ考えた。ピッチで表現する GK後藤、岡山戦で注目

「ちょっとしたところを詰めていきたい」と語るGK後藤雅明=天童市・県総合運動公園

 ○…新加入の一人で、新たな守護神となったGK後藤雅明。競技規則の運用ミスで退場処分を受け、意外な形で世間の注目を集めた。本人にとってサッカー人生を振り返る機会にもなり、「いろいろ考えさせられて、ピッチで表現するしかないと最終的に思った」と前を向いたという。

 第8節のホーム岡山戦。DFからのバックパスがそれてゴールに向かうと、「足だと間に合わない」と瞬時に体を投げ出し、手でかき出した。反則は覚悟したが、主審からレッドカードが提示された時に「GKはゴールを守ることが仕事」と受け入れられなかったという。一連のプレーと当時の心境を振り返り、規則に対する理解が足りなかった点は「反省しないといけない」と自身にも目を向けた。

 自身初の退場となったが、処分は取り消しとなり、当初からの目標である全試合出場は継続。「(前節の失点)1をゼロにできるように、チーム全体で次の試合に臨みたい」と決意を口にした。

モンテディオ山形

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]