教えて、CA先生 庄内ブルーアンバサダー、酒田・十坂小で授業

2022/1/28 11:54
切江沙也香さん(右)と九鬼江実さんが客室乗務員の仕事などについて紹介した出前授業=酒田市十坂小

 酒田市に移住した全日本空輸(ANA)の客室乗務員「ANA SHONAI BLUE Ambassador(庄内ブルーアンバサダー)」によるキャリア教育の出前授業が27日、同市十坂小(向田宏利校長)で行われた。客室乗務員としての仕事を通し、地元の魅力を知ることや働く喜び、夢をかなえる大切さなどを子どもたちに語った。

 庄内ブルーアンバサダー5人のうち、切江沙也香さん(30)=長崎県出身=と、九鬼江実さん(25)=神奈川県出身=が先生役となり、5年生27人と6年生35人の「総合的な学習」の一環で授業を担当した。ANAの就航状況や年間旅客数などを説明した後、2人は「酒田の良いところを教えて」と質問。児童たちからは祭りや滝、公園、日本酒という答えがあり、海外や国内各地を飛び回る経験を通し、2人は「自分が住む街が良いと言えることがとても大切」と語った。

 客室乗務員に加え、パイロットや整備士、地上スタッフなどの仕事も紹介。子どもたちに将来の夢を聞いた。質疑応答では「キャビンアテンダント(CA)になるために頑張ったことは」「仕事をする上で心掛けていることは」などの質問があった。切江さんは「英語を使う仕事をしたくてCAを目指した。朝から力が出せるように朝食を必ず取り、健康管理を徹底している」、九鬼さんは「世界各国に行ける仕事を選んだ。揺れる機内では体力勝負で、運動するようにしている」とそれぞれ答えた。

 2人は笑顔の乗客に出会ったり、感謝の言葉をもらったりするとやりがいを感じるとし、夢をかなえるためには「いろいろな仕事や世界を見て、なりたい自分になるための計画を立て、挑戦してほしい」と呼び掛けた。出前授業は同校を含め、市内の小中学校12校で来月18日まで行われる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]