「苦い」「おいしい」いろんな味 山形・園児らがお茶会

2022/1/27 19:56
竹田西部幼稚園の園児たちが伝統文化に親しんだお茶会=山形市・山形V.カレッジ

 園児と専門学校生が交流する合同お茶会が27日、山形市の専門学校・山形V.カレッジで開かれ、竹田西部幼稚園(山本絵里子園長)の年長児15人が伝統文化に親しんだ。

 授業で茶道について学ぶファッション・プロモート科の学生がお点前を披露した。事前にお茶の作法を覚えてきた園児たちは、正座をして背筋をぴんと伸ばし、礼儀正しくお菓子と抹茶を味わった。苦さに驚いた様子の子もいれば、大事そうに飲む子もおり、和の文化を思い思いに楽しんでいた。

 後藤櫂(かい)ちゃん(6)は「おいしくてお代わりしちゃった」とにっこり。同科1年の槙さちえさん(18)は「子どもたちの喜ぶ姿を見てうれしくなった」と話していた。

 お茶会は学生が学んだ成果を発表するとともに、園児に伝統文化を体験してもらおうと毎年開いている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]