米沢、山形でクラスター 新型コロナ・累計感染者4255人に

2022/1/24 07:55

[PR]
 県は23日、新たに幼児から80代までの男女60人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県と山形市は、米沢東高(米沢市)と認定こども園山形聖マリアこども園(山形市)でそれぞれクラスター(感染者集団)が発生したことを明らかにした。感染者の確認は19日連続で、累計は4255人となった。

 内訳は山形市が17人、鶴岡市が14人、酒田市が13人、庄内町が4人、村山市と米沢市が3人ずつ、東根市と長井市が2人ずつ、南陽市と高畠町が1人ずつ。庄内地方で過去事例との関連がない感染者が増加傾向にある。

 県によると、米沢東高の生徒は22日までに3人の感染が判明しており、23日に公表された3人を含め計6人が陽性となった。6人のうち一部は学年や部活動が同じで、友人関係にある生徒もいるという。一つの学年の生徒を中心に教職員を含め200人程度の検査が進められている。24日は休校となる。

 クラスターが発生した酒田市の特別養護老人ホーム「寿康園」では、新たに職員1人の感染が判明し、同施設の感染者は計21人となった。

 山形市によると、クラスターとなった同市のこども園では、23日に女児1人の感染が判明し、過去事例を含め職員と園児計5人が陽性となった。他の園児と職員計約140人のPCR検査を22、23日に実施し、結果は24日までに判明する見通し。同園は最初に感染者が確認された21日から休園している。

県職員1人感染

 県は23日、しあわせ子育て応援部の20代女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 県によると、相談業務に従事しているため県民との接触はあったが、必要な感染防止対策は講じていたという。18日の午前中に発熱の症状が出て仕事を休んだが、平熱に戻ったため20、21日は勤務していたという。

県警警察官1人も

 県警は23日、刑事部に所属する30代男性警察官(山形市)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月発症した県警の警察官は4人目で、これまでの事例との関連ではないという。

 県警厚生課によると、22日に39度の発熱とのどの痛みがあり、医療機関での抗原検査で陽性が判明した。21日まで勤務していたが、20日以降は一般の人との接触はないという。部内の12人が自宅待機している。発症前2週間の海外・県外への行動歴はない。

村山市職員1人

 村山市は23日、市役所に勤務する市職員の50代男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。不特定多数の市民との接触はなく、通常業務を続ける。

 市によると、男性職員は同居家族の感染が判明しており、19日に体の不調を感じ、検査の結果22日に陽性となった。職場の消毒は完了しており、同僚らは陰性が確認された。

湯殿山スキー場社員1人

 鶴岡市の湯殿山スキー場を運営する月山あさひ振興公社は23日、同スキー場で勤務する20代男性社員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 同社によると男性社員は19日夜に発熱があり、20日に医療機関を受診。PCR検査を受け、22日に陽性と分かった。ゲレンデ整備を担当しており、来場者との接触はなかったという。男性社員と接触のあった社員4人に自主的に抗体検査を行い、全員の陰性を確認した。

 同スキー場では、リフトの運転操作をする別の20代男性社員が新型コロナウイルスに感染。同じ業務に当たっていた社員にPCR検査を行うため、21日から第3ロマンスリフト1基を運休していたが、全員の陰性が判明したため23日から運転を再開した。

酒田の保育施設休園

 酒田市は23日、保育士が新型コロナウイルスに感染したとして、市内の保育施設1カ所を24日に臨時休園すると発表した。職員らに濃厚接触者はいないが消毒作業を行う。

学校閉鎖や学年閉鎖―鶴岡市、新たに小中3校

 鶴岡市教育委員会は23日、市内の児童生徒が新型コロナウイルスに感染したことが分かったとして、24日から当面の間、新たに中学校1校を学校閉鎖、小学校2校を学年閉鎖とすると発表した。

 市教委によると、この中学校では複数人の生徒の陽性が確認されているという。小学校2校については、陽性が判明した児童の行動範囲に応じて1学年、もしくは複数の学年を臨時休業とする。

 これに伴い市内では24日から、事前通告分を含めると小中学校計7校で学校閉鎖、もしくは学年閉鎖の措置が取られることになる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]